読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

takanikoniko’s blog

無職の僕がいろいろやるブログ。

ドールをお迎えするまでの軌跡その④(完)。

 

takanikoniko.hatenablog.com

 つづき。

2017年1月1日を有休消化の身で迎え、相変わらず「働きたくない」とか「でもお高いんでしょ?」とか思いながらヤ○オクを見ていたのです。そしたら。

「何この子かわいい!」

と思った子と遭遇してしまったのです…。

が、そこは諭吉で殴りあう戦場。「どうせお高いんでしょ」と見物人でいるところだったのですが、期限近くになって「あれ、これ戦える範囲なんじゃね?」と参戦。

そしてすさまじく心臓に悪い時間を過ごし、ついにカスタム済みの超可愛いヘッドを手に入れてしまったのです。

正直、この時かなり突っ走ってしまった反動でものすごい急ブレーキがかかります。

自分の性癖が原因で。

 

この時点でヘッドを持っているのですが、ドールとして取り合えず形にするにはまだ足りません。後は

  • ボディ
  • ウィッグ

の少なくとも3点がいります。このうち、ボディが原因で急ブレーキがかかります。

問題としては2点、身長と胸囲です。

ようするに

  • 身長は高い方がいいのか低い方がいいのか?
  • 胸囲は有る方がいいのか無い方がいいのか?

これを結論として出さなければならないのです。

身長はあっさりと「高い方」に決まったのですが、胸囲が決まらなかった。

最初は有る方にするつもりだったのですが、ヘッドを受け取ったら

「あれ、この子は無い方が似合うんじゃないか…?」

と迷いが生まれたのです。

「俺は有る方がいい…でもこの子は無い方が似合いそうだ…」

と悩むこと数ヶ月。

(その間にPS4を買ったりして妬け気味に資金を使えなかった)

ボディが決まらないと服が買えないので、その間何も進まない状態が続きます。

そして4月を迎え、ついに結論を下します。

「そうだ、有る方にしよう」

決まれば後はもう買いにいくだけです。

最初にお迎えしようと思い立ってから約1年4ヶ月。

ついに一式揃い、家にドールがいる生活がはじまったのでした。

f:id:takanikoniko:20170418001652j:plain

 

ドールをお迎えするまでの軌跡その③。

 

takanikoniko.hatenablog.com

 続きです。

 

その②の最後でカスタムされたドールを入手するために貯金の目標金額が上積みされたのですが、カスタム済みのドール(全部もしくはパーツ)を入手するにはどうすればいいのか?僕の知ってるルートは二つです。

  1. イベント
  2. オークション

1のイベントとは、コミケのドール業界版といったところでしょうか。ドール用の服や小物を販売するイベントが定期的にありまして、そこで入手する場合です。

2のオークションとはいわずと知れたアレです。ヤ○オクです。

これは解説不要ですね。「え、そんなの出品されてるんだ?」と思うかもしれませんが、あります。検索すると業の深さに驚くでしょう。

 

こちらの二つですが、イベント会場までの交通費だったり、印刷物ではないので買えるのは一人という限定、どんどん上がっていく落札価格…ぬるいと呼べる要素が一つもないです。当然、欲しいと思った子が手に入る可能性なんかほぼ0です。

 

あ、この子可愛い→東京かー遠いなー→でもお高いんでしょう?→あ、この子…

というループを幾度となく繰り返していき、2017年の1月を迎えるのです。

 

つづく。

 

ドールをお迎えするまでの軌跡その②。

 

takanikoniko.hatenablog.com

 続きです。

お金をがすぐに貯まるはずもなく、日々「この子かわえ~」とツイッター上の画像を見ていたのです。

 

そうして過ごすこと約半年。目標金額に到達しそうになったので、ボークスの大阪ショールームに行って来ました。ここ→大阪ショールーム

 7階が目的地ですが、エレベーターを降りた瞬間から異次元感がすごいんですよ。

「やべえ、ここは俺にはレベルが高すぎる」と一度撤退。

少し時間をあけてから再度訪問したのです。が、ここで問題が発生。

 

「あれ、そんなに可愛くない…?」

 

様々な業界において、初心者用と位置づけされている商品があります。

入門機・エントリーモデル・スターターキットと呼ばれるものですが、僕が欲しいシリーズにも同じような位置づけとしてスタンダードモデルというものがあります。

それが可愛いと思えなかったんですよ。これは困った。

『カスタマイズされたものを入手しなければならない』という修羅の道に、いきなり突っ込む事が確定したのですから。

当然、貯金の目標金額も上積みです。

 

つづく。